1958年創立 Bunkyoken  
GROUP OF SCHOLARS FOR LITERATURE EDUCATION
文学教育研究者集団 略称:文教研》 [サイト・マップ]
最終更新日 2018年2月14日  [更新履歴] ▼頁末尾へ     

例会/集会 機関誌 図書 年表 プロフィール Key word アーカイヴズ 入会案内

 
『君たちはどう生きるか』(吉野源三郎)―全国集会ゼミナールの記録―(1/3)[全文] 


≪特集≫

『君たちはどう生きるか』
(吉野源三郎):作品と作者をめぐって
作品を読む/作者の生涯と仕事/さまざまな評価/検討課題メモ

[目次]


 
  『飛ぶ教室』(ケストナー) と 『君たちはどう生きるか』(吉野源三郎)    《検討課題メモ》
 ――吉野さん、ケストナーを特に研究したわけではないでしょうが、ドイツ哲学、ドイツ文学に造詣の深い人だから、あの時期、目配りすればケストナーに注目するはずですよね。それに編集主任として日本少国民文庫『世界名作選(一)』(1937年)に高橋健二訳の「点子ちゃんとアントン」を入れているわけだから、知らないわけはない。『飛ぶ教室』と『君たちはどう生きるか』。一つのテーマになりますね。(下記著書所収「<座談会>『飛ぶ教室』を語る」より)    
 [<座談会>抜粋]
 
 ★児童文学から成人文学まで ケストナー文学の全体像を浮彫りにする
   『ケストナー文学への探検地図――「飛ぶ教室」/「動物会議」の世界へ
    文学教育研究者集団 編 (こうち書房刊)                      [Book Review]

 
機関誌『文学と教育』第225号
[目次]
12/31  J-STAGE 公開  
  大学セミナーハウス「利用者ご紹介」

(文教研は1970年以降、長期にわたり大学セミナーハウスを利用させていただいています。)
[参照] 

 『文学と教育』(創刊号~225号)の J-STAGE登載完了(12/31)[『文学と教育』巻号一覧]
……『文学と教育』全既刊号の記事にフリーアクセスできる……
【J-STAGE 利用法↓】
巻号について(1992年発行の160号<特集号:熊谷孝 人と学問>を例に)
   ・
[『文学と教育』巻号一覧]画面の左列(表紙画像下)に<巻号一覧>表示される。
   ・J-STAGEでは号の発行年として設定されることになっている。
   ・本誌は本来を持たないが、160号の巻は自動的に1992巻となる。
   ・さらに、にはその発行年を( )内に示す決まりなので、1992巻(1992)と表示される。
   ・の右方にある「+」印をクリックすると、その巻に属する158号~160号が下部に示される。
標題と本文の表示

  
[『文学と教育』巻号一覧]で目的のをクリックすると、右の列に標題が示される。
   標題の下部にある<PDF形式でダウンロード>をクリックすると、各記事の本文画面が開く。

                         
[詳細]

2017文教研秋季集会参加者の声(11/28)[秋季集会参加者の声]

-----------終了-----------

2017年 文教研秋季集会
王様は裸だ! でも 「今さら、やめるわけにはいかない」
――
アンデルセン「皇帝の新しい着物」――


2017年11月26日/渋谷区勤労福祉会館

[詳細]
 


【例会予定】

2月24日

川崎市総合自治会館
(武蔵小杉)


「漫画
君たちはどう生きるか」
印象の追跡の総括


機関誌225号合評


[詳細]



機関誌掲載例会参考文献
【ジャンル論】関連論文①


・熊谷孝「ジャンル論(一)
(102号)

・高田正夫「『映像と言語』雑感」(174号)

・乾孝「科学随筆『色』など」
(209号)

・熊谷孝「芸術の対象と方法
――芸術的認識」(161号)

・井筒満「日中戦争下における
芸術認識論の探求」(一)(二)(206号、207号)


Nさんの

例会・集会リポート


 論文検索

CiNii
J-STAGE
NDL search
Google Scholar
国文学研究資料館


《 特集 》
 

いま、なぜ、
『君たちはどう生きるか』
(吉野源三郎)


[もくじ]


 ■古書情報
 ■リンク集
 ■antenna
 ■抜書き帖
 ■HP・ブログから


…新刊…

『戸坂潤セレクション』
林淑美 編

平凡社ライブラリー
2018.1.10発行


[抄録]


    ★今日の国語教育が抱えている諸問題について考える
   熊谷 孝著『岐路に立つ国語教育―国語教育時評集     [目次]/[語録]


 
文教研ウェブサイト
 
サイト・マップ ◆更新履歴 リンク集 
 
文学教育研究者集団

 
歴史 プロフィール ◆声明 ◆会員動向 ◆入会案内 
 
研究活動
 
研究例会史 ◆『文教研ニュース』記事抜粋 ◆Nさんの例会・集会リポート
 
公開研究集会

 
全国集会  ◆秋季集会  ◆出版記念研究集会 ◆研究集会テキスト関連記事  
  機関誌  『文学と教育』 ◆〈どう取り組んできたか。〉 ◆「私の教室」 主な連載記事
初期『文学と教育』から
 《再読》巻頭言 誌友・購読案内 バックナンバー一覧
最新号目次 ◆復刻『文学と教育 ニュース版』 J-STAGEを利用するために
 
関係図書

 
図書一覧内容紹介『ケストナー文学への探検地図』古書情報 『芸術とことば』再録状況
 
基本用語
 
 
文教研基本用語解説 ◆〈文学と教育〉ミニ事典 Key word 
 
アーカイヴズ
 
熊谷孝著作 ◆熊谷孝 講演記録 ◆資料:鑑賞主義論争 〈解釈学主義〉批判 ◆「国語教育時評」
「文学教育よもやま話」 ◆〈読者論〉の吟味 ◆国語教育/文学教育  
 
 
参考資料館
 
年譜・著作一覧 ◆作家コーナー 国語教育・文学教育の「現在」 抜書き帖 
 
その他
 
 
トピックス ◆antenna-よろず紹介- ◆album*花  
 ☆ 【全国集会】  ☆ 【文教研・文学教育研究基本用語解説】  
 ☆ 【秋季集会】  ☆ 【文学と教育ミニ事典】 「創造主体/本来の読者/読者の視点」他  
 ☆ 【研究例会史】  ☆ 【『文学と教育』総目次】 創刊号からの詳細目次
  『芸術の論理』 《抄録》 《再読》巻頭言 熊谷孝講演記録  吉野源三郎 よむ年表 花森安治 よむ年表
     
         《再読》巻頭言                    『 文学と教育 』 №147  1989.3
    
  歴史に「こだわり」続ける   常任委員 高田正夫  

 酒井寛氏著『花森安治の仕事』(朝日新聞社刊)という本を読んだ。著者は朝日の記者であり、花森から「ジャーナリストとしての突っぱり精神」と「なんでもおもしろがる精神」と「人へのサービス精神」を学んだという。この本全体にもそうした精神が花森への敬意と共に横溢しており、読後の印象さわやかだった。
 『暮しの手帖』が「戦争中の暮しの記録」を企画したきっかけのひとつは、花森が若い編集委員と話していて、「疎開」という言葉が通じなかったことにあるという。そんな所に行かなければいいじゃないか、という疑問が若者からでた。花森は戦争体験が伝わっていないもどかしさを痛感し、この特集号に「持っている力のすべて」を注ぎこんだ。七〇年安保の二年前のことである。その時、花森みずから書いた巻頭の詩が『戦場』であった。文教研が何度も積極的にとりあげてきた詩である。
 「だまされた」体験にこだわり続け、自分を含めて、今後は絶対にだまされない人々をふやしていく、と花森は語った。戦中、軍曹に、おまえら兵隊は「一戔五厘」のはがき代でいくらでも集められる、軍馬はそうはいかない、と言われたことが忘れられなかった。七〇年安保の年、花森は暮しの手帖研究室の屋根に、「一戔五厘」の乞食旗を立てる。
 単行本となった『一戔五厘の旗』が読売文学賞を受けた時、大好きな作家、井伏鱒二といっしょだったことが、花森を喜ばせたという。
 昨年の暮れ、戦後文学の反骨の士、大岡昇平が亡くなった。深い哀悼の意を表したい。『俘虜記』、『野火』、『ミンドロ島ふたたび』、『レイテ戦記』、どれもみな、歴史への「こだわり」が、その明晰な文章に脈打っていた。もはや戦後ではない、あるいは戦後文学は幻影であった、という論にいつもまっこうから反対していた。氏自身は少しも変わらないのに、いつのまにか周りが「右」になって、人から「左」に見られるようになったと、晩年は自嘲ぎみに語っていた。
 大岡文学の魅力のひとつは、徹底して「死者との対話」を行なったことにある。

 ≪死者はその怨念に凝り固まったまま死に、祖国から幾千里離れた異郷に骨を曝しているのである。……日本列島は米軍基地で蔽われ、かつての聯合艦隊基地はアメリカの原子力空母、原子力潜水艦に使われている。……祖国をその状態から解放するのはわれわれ生き残った者の役目でなければならない。しかし私は一体なにをしているか。≫
 (『ミンドロ島ふたたび』)
 ≪死者の証言は多面的である。レイテ島の土はその声を聞こうとする者には聞える声で、語り続けているのである。≫
 (『レイテ戦記』)

  死者の声に耳を傾け、生者である私たちがいかに彼らと共生しうるのか、たえず真摯に探っていた。氏の文学は現代への警鐘であり、未来への道標でもあった。
 「理論というのは歴史の要約・概括」である。(本誌前号・熊谷孝講演記録)「歴史に前提されない理論」はありえず、「理論に指向されない歴史」は、その名に値しない。
 全くタイプの違う花森、大岡に共軛しているのは常に自己を凝視して、みずからの理論を構築していた点にあろう。歴史にこだわり続けた二人から学ぶものは大きい。すぐれた遺産を活かすも殺すも、私たち次第である。  (20180216)
 
 
      [《再読》巻頭言]

  
   ≪抄録≫  道徳に関する文学的観念  戸坂 潤  
  〔 『道徳論』 1936.5 / 『戸坂潤セレクション』 2018.1 〕  

■(…)問題はそこでまず、この自分(、、)なるものが社会科学でどう取り扱われ得るかである。自分というこのごく日常的な常識にぞくする観念を、下手に哲学的に解明しようとすると、忽(たちま)ち札つきの観念論に陥らざるを得ない。事実之(これ)までの思い切った観念論(バークレーやフィヒテの主観的観念論)は、単に観念を馬鹿馬鹿しく尊重したことがその動機なのではなくて、この「自分」なるものを観念のことだと思い誤ったり、又之を観念的に掴むことが相応(ふさ)わしいことだと思い込んだりしたことに由来する。「自分」は社会科学(つまり史的唯物論――唯物論)でどう取り扱われるか。
 M・スティルナー
[マックス・シュティルナー(1806-1856)。ドイツの哲学者。ヘーゲル左派。唯一者としての自我の絶対性を主張し、無政府主義に影響を与えた。]は何と云っても参照を免れまい。スティルナーに云わせれば、「神と人類とは何物にも頓着しない、自分以外の何物にも。だから自分も同様に、自分のことを自分の上に限ろう。神と同じく他の凡(すべ)てのものにとっては無である自分、自分の凡てである自分、唯一無二である自分の上に」(『唯一者とその所有』――岩波文庫訳)、である。「自分にとっては自分以上のものは何もない」のだ。自分だけが自分の唯一無二の関心事だ。だがどうしてそんな馬鹿げたことが主張出来るのか。
(…)自分が一切のものの創造者であり、世界はつまり自分の所産だというのである。そして自分は世界を創造するに際しても何ものにも負うのではなくて自分自身にしか負う処がない。だから「無からの創造」だというのである。人間の生涯とその歴史的発達は、この自分の創造物だというのだ。――だがこうなるとこの自分と人間(個人)とはどうして別なのだろうか。なる程人間(個人又はその集合としての人類)ならば、それが歴史を創ったということも何とか辛
(かろ)うじて説得できるかも知れない。併し誰が一体、自分が古代から現代までの歴史を造ったと実感するものが、狂人でない限りあるだろうか。――自分なるものが個人や人間と別な範疇だという論理はよい、だがそうだからと云って、「自分」なるものの形而上学的体系は困る。之は独りスティルナーに限らず、彼の先輩たるフィヒテに就いても同様に困る点だ。(…) p.239-241    (20180220)
 [《抄録》戸坂潤]


   文教研事務局   ▲頁先頭へ

      © 2001-2018  Bungakukyoikukenkyusyasyudan