《資料》文学の仕事――諸家の文学観に学ぶ


  《資料》 文学の仕事――諸家の文学観に学ぶ J.M.ギュイヨオ 『社会学上より見たる芸術』(1889)   
               《資料》 文学の仕事――諸家の文学観に学ぶ 森鷗外 「今の諸家の小説論を読みて」 (1888)
   《資料》 文学の仕事――諸家の文学観に学ぶ 森鷗外 「沈黙の塔」 (1910)     
  《資料》 文学の仕事――諸家の文学観に学ぶ 森鷗外 「文学の主義」 (1911)   
  《資料》 文学の仕事――諸家の文学観に学ぶ 芥川龍之介 著作より (1917-1927)   
《資料》 文学の仕事――諸家の文学観に学ぶ A.ティボーデ 『小説の美学』 (1925) 
  《資料》 文学の仕事――諸家の文学観に学ぶ M.ゴーリキー 「文学論」 (1930-1934) 
  《資料》 文学の仕事――諸家の文学観に学ぶ  戸坂潤 『わが文学観――要点三つ」 (『作品』1936.1)     
  《資料》 文学の仕事――諸家の文学観に学ぶ  J.デューイ 『芸術論――経験としての芸術』 (1934)     
  《資料》 文学の仕事――諸家の文学観に学ぶ  J-P.サルトル 『文学とは何か』 (1948)      
  《資料》 文学の仕事――諸家の文学観に学ぶ  大江健三郎 「いま、なにが日本の作家に必要か」(『朝日新聞 夕刊』1972.1.7)    


HOMEデジタル・アーカイヴズ