荒川有史編
熊谷 孝 著作一覧(W)
1981〜1992     
(T) 1934〜1960
(U) 1961〜1970  
(V) 1971〜1980
(W) 1981〜1992    

1.
この一覧は、1992年12月発行「文学と教育」160〈熊谷孝 人と学問〉掲載の荒川有史編「熊谷孝著作一覧」による。ただし、表示の都合上、若干の変更を加えた。
(なお、著作名の前の*印は、それが「文学と教育」160掲載以後の追加分であることを示す。)
2. 発表年月:○の中の数字は発表・刊行の月を、裸の数字は、新聞等の刊行月日を示す。 
3. 赤字は単行本を示す。 
4. ☆印は関連事項・記事を示す。 
5. 備考欄の「J-ST.」は J-STAGE(電子図書『文学と教育』)において参照できることを示す。 [J-STAGE『文学と教育』]

   月(日) / {筆名} 標題 / 掲載誌・巻号 / 発行所
 リンク
備考
1981(S.56) A「〈座談会〉西鶴の発見」 文学と教育115    J-ST.
A「雑階級者の孤独と倦怠」 婦人民主クラブ主催・文学講座レジュメ    
D「“国語教育としての文学教育”から“文体づくりの国語教育”へ(文学と教育65より転載)」 文学と教育116    J-ST.
E「蕪村から透谷へ」 婦人民主クラブ主催文学講座レジュメ    
G「〈談話記録〉芭蕉文学への視角」 文学と教育117    J-ST.
G「近世文学における異端の系譜」 文教研第30回全国集会講演レジュメ  全文  
J「〈文教研理論形成史・前史資料〉不可知論と芸術学/文学 47.4」 文学と教育118  全文  J-ST.
J「〈講演記録〉歴史小説の発見――『羅生門』を中心に」(文責・中野斉子/文教研広島グループ)     
1982(S.57) A「“文学教師の条件”を考えるために」 文学と教育119    J-ST.
C『芸術の論理』第4刷    
C『文体づくりの国語教育』第2刷    
D「平和教育としての文学教育」 文学と教育120  全文  J-ST.
7.27「“あそび”にみる文学精神――森鴎外没後60年」 赤旗  全文  
G「文学教師の条件」 文学と教育121  全文  J-ST.
J「〈報告記録〉井伏鱒二『川』の世界」 文学と教育122    J-ST.
J「〈座談会〉井伏文学のロマンティシズム」 文学と教育122  J-ST.
1983(S.58) A「芥川龍之介の生活と文学/旧版『芥川文学手帖』巻頭論文」 文学と教育123  J-ST.
A「『千鳥』と『草枕』と――そのリズムとリズム感覚に触れて/『芸術とことば』所収」 文学と教育123  J-ST.
G「〈基調報告レジュメ〉文学的イデオロギーとしてのリアリズムとロマンティシズム」 文学と教育125  J-ST.
G「〈座談会〉戦後の教育史を語る」 文学と教育125  J-ST.
J「〈基調報告・記録〉言文一致と近代散文の可能性」 文学と教育126    J-ST.
J(編著)『芥川文学手帖』 みずち書房    紹介    
*J「はじめに」 同上所収   部分  
J「なぜ、今、芥川文学か」 同上所収       
J「羅生門」 同上    
    ☆12.29(無署名)「芥川文学手帖/ほんだな」 赤旗      
11.26「なぜ、いま、芥川文学か」 赤旗  全文  
1984(S.59)  D「〈劇評〉おおらかな『毛抜』/文教研運動史・資料」 文学と教育128    J-ST.
F(編著)『井伏文学手帖』 みずち書房  紹介  
F「序に代えて」 同上所収  全文  
F「〈てい談〉『多甚古村』」 同上    
F「〈てい談〉『多甚古村』前後」 同上     
F「〈シンポジウム〉黒い雨」 同上      
G「鴎外・龍之介から鱒二へ」 文学と教育129  J-ST.
G「シンポジウム『黒い雨』の再評価」 文学と教育129    J-ST.
*?「<講演記録>なぜ、いま、芥川文学か」 (第7回教育基礎講座 講義記録)  全文   
1985(S.60) A『文体づくりの国語教育』第3刷  
A「銃後意識から不沈空母意識へ――〈現代史としての文学史〉の視点から」 文学と教育131  J-ST.
D「太宰治語録――付/太宰治の文学的イデオロギーの底流」 文学と教育132  J-ST.
D「〈討論〉文芸認識論の諸問題」 文学と教育132  J-ST.
F「〈現代史としての文学史〉ということ」 文学と教育133  J-ST.
J(編著)『太宰文学手帖』 みずち書房  紹介  
J「なぜ、いま、太宰文学か」 同上所収  部分  
J「太宰治の文学的イデオロギー――付、太宰治語録」 同上    
J「〈てい談〉右大臣実朝」 同上        
J「〈資料〉こんにちの文学状況と作家の姿勢」 文学と教育134  J-ST.
1986(S.61) A「〈私の教室〉イヌに食われろ、共通一次」 文学と教育135  J-ST.
D「〈資料〉リズム感覚」 文学と教育136  J-ST.
F「〈てい談〉リアリズム志向のロマンティシズム」 文学と教育137  J-ST.
F「〈討論〉授業とテストの問題」 文学と教育137  J-ST.
1987(S.62)
B(編著)『芥川文学手帖』第2刷    
C『太宰治「右大臣実朝」試論・増補版』 みずち書房  紹介  
F「〈討論〉国語の学力とは何か」 文学と教育141  J-ST.
J「太宰治のいう、〈待つ〉ということ」 文学と教育142  J-ST.
1988(S.63)
A「太宰文学の問いかけるもの」 文学と教育143  J-ST.
A「〈資料〉箔のついてきた西鶴論」 文学と教育143  J-ST.
D「文学の科学と鑑賞体験と」 文学と教育144  J-ST.
D「〈ゼミナール〉上田秋成『菊花の約』を読む」 文学と教育144  J-ST.
D「『芸術とことば』/マス・コミ時代の芸術家」 文学と教育144  J-ST.
F「〈印象の追跡〉井原西鶴の『人には棒振虫同然に思はれ』を読む」 文学と教育145  J-ST.
F「〈再録 2〉文学観・言語観の変革のために」 文学と教育145  J-ST.
J「文学の科学の対象領域」 文学と教育146  J-ST.
J「〈再録 3〉作家の内部――自己凝視」 文学と教育146  J-ST.
1989(S.64/H.1) B「〈再録 4〉作家の内部――そのに二」 文学と教育147  J-ST.
F「〈座談〉全国集会の研究課題を展望する」 文学と教育148  J-ST.
F「〈印象の追跡〉井原西鶴『長刀はむかしの鞘』を読む」 文学と教育148  J-ST.
F「〈再録 5〉作家の内部――その三」 文学と教育148  J-ST.
J「〈シンポジウム〉鑑賞体験の変革を促す読みのありかたを」 文学と教育150  J-ST.
1990(H.2) B「〈再録 6〉作家の内部――天才とタレント」 文学と教育151  J-ST.
E「〈変形シンポジウム〉『葉』の虚構性」 文学と教育152  J-ST.
E「〈再録 7〉作家の内部――精神分析」 文学と教育152  J-ST.
F「〈変形シンポジウム〉『丹下氏邸』の虚構のあり方」 文学と教育153  J-ST.
G「〈再録 8〉芸術の対象と方法」 文学と教育153  J-ST.
1991(H.3) D「〈再録 9〉芸術の対象と方法――第二信号系としての『ことば』体験」 文学と教育155  J-ST.
F「〈再録 10〉芸術の対象と方法――表現と理解のあいだ」 文学と教育156  J-ST.
J「〈てい談〉虚構論へのひとつの視点――西鶴文学にみる世代意識と虚構精神」 文学と教育157  J-ST.
1992((H.4)   B「〈再録 11〉芸術の対象と方法――文学の機能的本質」 文学と教育158  J-ST.
     ☆92.5.10 *熊谷 孝 永眠    
     ☆F福田隆義「熊谷先生を偲ぶ」 文学と教育159    
     ☆*K《熊谷孝 人と学問》 文学と教育160          
K*「〈資料紹介〉古典の現代的意義」 文学と教育160 全文  J-ST.
   

HOME頁トップへ前頁へ熊谷孝 人と学問熊谷孝 略年譜乾孝 著作一覧