鈴木益弘 著作一覧

1960年代以来、文学教育研究者集団の会員であった、鈴木益弘氏(2016年1月26日逝去)の著作一覧である。文教研の著書において氏が分担執筆した論文、および機関誌『文学と教育』掲載の論文・記事を中心にまとめた。(2016.4.11.)
発表年 論 文・記 事    掲載書・掲載誌
1966 ・武蔵野集会に参加して 『文学と教育』40(1966.9)
1967 ・横浜合宿集会略報 『文学と教育』46(1967.9)
1968 ・〈認識の発達と総合読み〉高校段階の特色 『文学と教育』53(1968.8)
1969 ・〈国語教育で何をするか―文学教育を中心に〉その民族的課題は―連帯の回復
・〈鷗外「最後の一句」 私の印象の追跡〉 “読み”の解きくち
『文学と教育』59(1969.8)
『文学と教育』61(1969.12)
1970 ・〈同一教材による各段階の特質―「皇帝の新しい着物」の場合〉
   高校―前期の段階(定時制高校の場合)
『文学教育の構造化』
(1970.11)
1971 ・〈私の研究・私の教室〉(無題 万葉歌をめぐって)
・与謝野晶子「君死にたまふことなかれ」をめぐって
・〈基本過程としての作品把握―黒島伝治「電報」をどう読むか〉構造化へのあゆみ
・〈座談会 戦後文学教育運動の渦のなかで―文教研13年の足跡を顧みる〉
   鈴木益弘(司会)、荒川有史、夏目武子、福田隆義、熊谷孝
・近代主義の克服・晶子の場合―前号 新開質問に答えて
・あとがき(編集後記 以下同)   《『文学と教育』71号より92+93号まで編集長》
『文学と教育』67(1971.1)
『文学と教育』68(1971.3)  
『文学と教育』70(1971.8)
『文学と教育』70(1971.8)

『文学と教育』71(1971.11)
『文学と教育』71(1971.11)
1972 ・芸術の原点への思索 熊谷孝(研究部)、鈴木益弘(編集部)、黒川実(編集部)
・〈文教研リポート 地区研究会・問題別研究会始まる〉神奈川地区研究会
・あとがき
・〈巻頭言〉文学史を教師の手に
・〈巻頭言〉人間破壊と母国語教育
・〈総合読みの理論と実際のあいだ 合宿の第一日をふり返って〉
   鈴木益弘(編集部)、熊谷孝(研究部)、福田隆義(委員長)
・あとがき
・〈私の研究・私の教室〉(無題 「馬盗人」をめぐって)
・あとがき
・あとがき
『文学と教育』72(1972.1)
『文学と教育』72(1972.1)
『文学と教育』72(1972.1)
『文学と教育』73(1972.3)
『文学と教育』74(1972.4)
『文学と教育』75(1972.6)

『文学と教育』75(1972.6)
『文学と教育』76(1972.8)
『文学と教育』76(1972.8)
『文学と教育』77(1972.11)
1973 ・文学の立場―言語と認識と文体と 熊谷孝 (ききて)鈴木益弘、黒川実
・あとがき
・〈座談会 芥川竜之介「偸盗」をめぐって〉荒川有史、佐伯昭定、鈴木益弘、
   夏目武子、山下明、(司会)佐藤嗣男、(誌上参加)熊谷孝
・あとがき
・〈文学・文学史の原点への追求の中で〉近代主義克服への大きな一歩―
   「大導寺信輔の半生」の総合読み
・あとがき
・あとがき
『文学と教育』78(1973.1)
『文学と教育』78(1973.1)
『文学と教育』79(1973.3)

『文学と教育』80(1973.5)
『文学と教育』81(1973.6)

『文学と教育』82(1973.8)
『文学と教育』83(1973.11)
1974 ・〈文教研リポート 二つの問題別研究会から〉西鶴作品を読む会
・あとがき
・竜― 尾形了斎覚え書/貉

・糸女覚え書

・あとがき
・あとがき
・〈座談会 作品把握の方法としての総合読み 「律子と貞子」をめぐって〉
   山下明、杉浦寿江、鈴木益弘、(司会)編集部
・〈文教研リポート〉じっくり「雛」を読んだ神教協集会
・あとがき
・あとがき
『文学と教育』84(1974.1)
『文学と教育』84(1974.1)
『教材化と授業の視点 芥川文学手帖』(1974.2)
『教材化と授業の視点 芥川文学手帖』(1974.2)
『文学と教育』85(1974.3)
『文学と教育』87(1974.8)
『文学と教育』88(1974.9)

『文学と教育』88(1974.9)
『文学と教育』88(1974.9)
『文学と教育』89(1974.12)
1975 ・あとがき
・〈座談会 「右大臣実朝」と取組んで〉
   荒川有史、熊谷孝、佐藤嗣男、夏目武子、山下明、(司会)鈴木益弘
・あとがき
・〈太宰文学の原点を探る〉「列車」の総合よみのために
・〈作品把握の前提条件〉行動面での実朝像の提供―「吾妻鏡」と太宰治
・あとがき               《『文学と教育』71号より92+93号まで編集長》
・〈巻頭言〉国語教育の役割(常任委員 鈴木益弘)    
『文学と教育』90(1975.1)
『文学と教育』91(1975.5)

『文学と教育』91(1975.5)
『文学と教育』92+931975.8) 『文学と教育』92+931975.8) 『文学と教育』92+931975.8
『文学と教育』94(1975.11) 
1976 ・〈座談会〉文教研理論形成史(二)
   荒川有史、熊谷孝、夏目武子、福田隆義、(編集部)鈴木益弘  
・〈巻頭言〉第25回全国集会に思う(常任委員 鈴木益弘)
・「さざなみ軍記」と古典
『文学と教育』96(1976.5)

『文学と教育』97(1976.8) 
『文学と教育』97(1976.8) 
1977 ・「さざなみ軍記」と古典〈作品把握の前提条件 1〉

・〈資料〉「さざなみ軍記」の改稿過程

・〈『文学と教育』百号の歩み〉〝文学史を私たちの手に〟の歩みの中で
・〈巻頭言〉このごろ思うこと(常任委員 鈴木益弘)
・〈「富嶽百景」の総合読み〉美醜あわせもった富士の姿
『文学史の中の井伏鱒二と太宰治』(1977.4)
『文学史の中の井伏鱒二と太宰治』(1977.4)
『文学と教育』100(1977.6)
『文学と教育』102(1977.11)
『文学と教育』102(1977.11)
1978
1979 ・〈私の教室=高校〉「一寸法師」―古典入門 『文学と教育』109(1979.8)
1980 ・〈例会報告〉ジャンル論と教材化の視点―奈良本辰也『詩仙堂の庭――
 個性と教養の問題』
『文学と教育』112(1980.5)
1981 ・〈鷗外の眼に映じた近世的現実の重層性 「護持院原の敵討」―「阿部一族」
   「最後の一句」「高瀬舟」との対比の中で〉 第二パート 要約  
『文学と教育』118(1981.11)  
1982 ・〈報告記録〉井伏鱒二「川」の世界 (報告)熊谷孝、(文責)鈴木益弘
・〈座談会 井伏文学ロマンティシズム―全国集会のゼミの総括として〉 熊谷孝、
   奥津志津子、山下明、山上英男、高田正夫、内貴和子、佐藤嗣男、鈴木益弘
『文学と教育』122(1982.11)
『文学と教育』122(1982.11)
1983 ・〈巻頭言〉荒れる生徒たちの人間回復をめざして
・〈座談会 戦後の教育史を語る〉熊谷孝、荒川有史、鈴木益弘、夏目武子、
   福田隆義、山下明、(司会)佐藤嗣男
・枯野抄
『文学と教育』124(1983.5)
『文学と教育』125(1983.8)

『芥川文学手帖』(1983.11)
1984 ・川 (研究協力者) 『井伏文学手帖』(1984.7)
1985 ・津軽通信 (橋本伸弥、鈴木益弘) 『太宰文学手帖』(198511)
1986
1987
1988
1989      
1990 ・〈尾上文子さんを偲ぶ〉 おふくろさん   『文学と教育』152(1990.6) 
1991      
1992 ・〈熊谷孝の世界=『文学と教育』〉 『文学と教育』の生みの親・育ての親 『文学と教育』160(1992.12)
1993 ・〈シンポジウム 古典との対話―芥川「芭蕉雑記」を通路に〉
   連句の世界と浮世草子の世界
『文学と教育』163(1993.11)
1994
1995 ・〈サークル紹介〉佐野洋子の作品を読む会 『文学と教育』170(1995.8)
1996 ・〈佐野洋子の世界〉「空飛ぶライオン」―印象の追跡   『文学と教育』173(1996.6) 
1997 ・〈佐野洋子の世界〉 ことばと絵のダイナミズム   『文学と教育』176(1997.3) 
1998 ・≪風流の≫歌仙の印象の追跡  『文学と教育』183 (1998.12) 
1999 ・〈特集 ケストナーの世界への誘い〉一九四五年を銘記せよ―ケストナーの終戦日記 『文学と教育』185-6(1999.8)
2000 ・ケストナー詩の印象の追跡   『文学と教育』190 (2000.11) 
2001     
2002     
2003     
2004 ・ケストナー詩抄―人間信頼とユーモア精神と 『ケストナー文学への探検地図』(2004.11)
2005    
2006      
2007    
2008     
2009 ・〈福田隆義初代委員長を悼む〉ハンチングの似合った福田さん 『文学と教育』210(2009.11)
2010  
2011   
2012 ・〈座談会〉井上ひさし「ナイン」「握手」をめぐって (司会)高澤健三、(報告)井筒満、
   夏目武子、椎名伸子、小出陽子、鈴木益弘、荒川由美子、成川日女美、
   金井公江、佐藤嗣男、西平薫、橋本伸弥、芝崎文仁 -発言順- 
『文学と教育』216(2012.8) 
  2016年1月26日 逝去(享年   )  
HOME年譜・著作一覧