熊谷 孝 著
芸術とことば 文学研究と文学教育のための基礎理論         
  
熊谷孝著『芸術とことば』函  仕事に関して、僕に三つのねがいがあります。一つは、故戸坂潤先生が認識論の面で開拓された仕事を、文学理論ないし芸術理論の基礎的な側面において受けつぐことであります。さらにまた、近藤忠義先生が戦前、文学史家として果たされたパイオニアとしての仕事を、西鶴論や太宰治論の面で僕なりに受けつぐこと――これが、二つめのねがいです。三つめのねがいは、僕自身の文学教育の仕事に理論的な体系を与えることです。この本は、僕にとっては、そういう願望達成への瀬ぶみのような意味をもつものであります。(本書「あとがき」より)  
1963年4月18日
牧書店 発行

A5版358頁
定価 980円 
絶版
「文学と教育」144号以下に分割再録
著者:熊谷 孝(くまがい たかし)
執筆当時、 国立音楽大学教授。文学教育研究者集団に所属。本書以前の著書に『文学序章』『新しい日本文学史』『文学教育
』他、主編書に『文学教育の理論と実践』『講座日本語』『十代の読書』他がある。
      
 ◆ 内 容
 
文学観・言語観の変革のために――序に代えて

観念のひずみ
日常性と芸術性
コミュニケーション理論としての第二信号系理論
構成その他


T 作家の内部
  1. 自己凝視
    • 体験と文学――素材・題材・フィクション
    • 表現・自己表現
    • 対象化された作家の自己
  2. 内なる読者
    • 創作過程
    • 創作と鑑賞の弁証法(一)
    • 創作と鑑賞の弁証法(二)
  3. 内なるものと外なるもの(一)
    • 子守唄と行進曲
    • 鑑賞者のリアリティー
    • こんにちの文学状況と作家の姿勢(一)
    • こんにちの文学状況と作家の姿勢(二)
  4. 内なるものと外なるもの(二)
    • 童心主義小説
    • 準体験(一)
    • インスピレーション
    • 流露(一)
    • 文学と生活記録の表現――流露(二)
  5. 天才とタレント
    • 才能の問題
    • 芥川龍之介の天才論
    • リズム感覚
    • 部分と全体の弁証法(一)――西鶴の場合・その他
    • 部分と全体の弁証法(二)――『千鳥』と『草枕』と
  6. 精神分析
    • 個我拡充の訴え
    • 精神分析の作家論をこえて
    • 創作方法としての精神分析
    • 精神分析と芸術学
    • 無意識との対決――流露(三)
    • 芸術家の孤独


U 芸術の対象と方法
  1. 芸術的認識(一)
    • 芸術は認識か――内容と形式と
    • 認識・表現・表現理解
    •   
  2. 第二信号系としての「ことば」体験(一)
    • 理性と感性のあいだ
    • 第二信号系理論と国語教育
    • 第二信号系と理性体験
  3. 第二信号系としての「ことば」体験(二)
    • 言語主義との対決――内語とコミュニケーション(一)
    • ディウーイをこえて
    • 内語とコミュニケーション(二)
    • 実感の体系としての思想
    • 複合体験か準体験か――準体験(二)
  4. 表現と理解のあいだ
    • 「ことば」の規定性・融通性(一)
    • 「ことば」の規定性・融通性(二)
    • 抽象の二つの方向
    • 象徴ということ
    • 普遍に通ずる特殊
  5. 文学の機能的本質
    • 表現意図と作品の内容
    • 主観と客観
    • 典型ということ
  6. 芸術的認識(二)
    • 概念のない認識
    • 芸術のジャンル
    • 信号と意味形象
    • 日常性の逆利用
    • 映像について
    • 芸術の多義性

V 鑑賞体験
  1. 本来の読者の鑑賞体験――古典と現代(一)
    • 追体験と準体験――準体験(三)
    • 円熟と未完成と――『世間胸算用』の世界(一)
    • 詩と散文芸術
    • 不在なるものへの怒り――『世間胸算用』の世界(二)
  2. 古典鑑賞の現代的意義――古典と現代(二)
    • 西鶴の描いた人間
    • 非情なリアリズム――『万の文反古』の世界
    • 人間の条件――『西鶴置土産』の世界
    • 失われた体験
    • 喜劇精神の文学――『日本永代蔵』と『諸国ばなし』の世界
    • 分化と未分化
  3. 発展的モティーフの発見
    • チェーホフと『桜の園』
    • 築地小劇場にて
    • 愛惜――モスクワ芸術座の演出

W マス・コミ時代の芸術家

  1. 芸術家のタクティーク
    • 商品としての文学
    • 頭脳と手
  2. 視聴覚的フォーマットと小説の方法
    • 鑑賞体験の変革
    • 限界の逆利用

あとがき

索    引


HOME図書内容紹介文教研関係図書機関誌「文学と教育」


『芸術とことば』の再録             (「文学と教育」144号〜169号に分割掲載)
『芸術とことば』項目 掲載号 掲載頁 標       題
 1 W マス・コミ時代の芸術家 「文学と教育」
第144号(1988.5)
60-75 「マス・コミ時代の芸術家」
 2 文学観・言語観の変革のために――序に代えて 「文学と教育」
第145号
(1988.7)
42-55 「文学観・言語観の変革のために」
 3

T 作家の内部
1.自己凝視

「文学と教育」
第146号
(1988.11)
69-83 「作家の内部―自己凝視―」
 4 2.内なる読者
3.内なるものと外なるもの(一)
「文学と教育」
第147号
(1989.3)
 6-36 「作家の内部―その二―」
 5 4.内なるものと外なるもの(二) 「文学と教育」
第148-9号
(1989.7)
71-88 「作家の内部―その三―」
 6 5.天才とタレント 「文学と教育」
第151号
(1990.3)
46-65 「作家の内部―天才とタレント―」
 7 6.精神分析 「文学と教育」
第152号
(1990.6)
46-62 「作家の内部―精神分析―」
 8

U 芸術の対象と方法
1.芸術的認識(一)
2.
第二信号系としての「ことば」体験(一)

「文学と教育」
第153号
(1990.7)
56-71 「芸術の対象と方法」
 9 3.第二信号系としての「ことば」体験(二) 「文学と教育」
第155号
(1991.5)
57-71 「芸術の対象と方法――第二信号系としての「ことば」体験
10 4.表現と理解のあいだ 「文学と教育」
第156号
(1991.7)
36-51 「芸術の対象と方法――表現と理解のあいだ」
11 5.文学の機能的本質 「文学と教育」
第158号
(1992.3)
54-63 「芸術の対象と方法――文学の機能的本質」
12 6.芸術的認識(二) 「文学と教育」
第161号
(1993.4)
61-74 「芸術の対象と方法――芸術的認識
13

V 鑑賞体験
1.本来の読者の鑑賞体験
――古典と現代(一)

「文学と教育」
第162号
(1993.7)
62-74 「本来の読者の鑑賞体験――古典と現代(1)」
14 2.古典鑑賞の現代的意義――古典と現代(二) 「文学と教育」
第164号
(1994.3)
44-62 「古典鑑賞の現代的意義――古典と現代(二)」
15 3.発展的モティーフの発見 「文学と教育」
第165号
(1994.6)
54-63 「発展的モティーフの発見
16 W マス・コミ時代の芸術家
あとがき
「文学と教育」
第169号
(1995.6)
55-70 「 マス・コミ時代の芸術家――〔付〕あとがき――」
「文学と教育」第134号(1985.11)にも、〈資料〉として第一部第三章第三節が掲載されています。

HOME頁の先頭へ図書内容紹介文教研関係図書機関誌「文学と教育」