初期機関誌から

「文学と教育」第15号(タイプ版)
1960年4月
発行
「文学と教育」第15号表紙
 第一回研究集会のために
 ○ 文学教育は子どもの認識をどう育てるか  熊谷 孝
 ■教室と作家との交流
   ○ 教科書と文学教育  岡本良雄
   ○ “馬鹿はひとりで”について  塚原亮一
   ○ 〈報告a〉文学教育・方法上の問題  小川 勇
   ○ 〈報告b〉文学作品と読者  木村敬太郎
 ■ 児童文学の系譜
   ○ 巖谷小波とその周囲  巖谷栄二
   ○ 「赤い鳥」前後  関 英雄
 ■ 国語教育と文学教育
   ○ 日文協の文学教育運動  荒木 繁
   ○ 改訂指導要領の文学観  荒川有史・鈴木 勝
 ○ 教育課程の自主編成  川合 章
 ○ 戦後文学教育小史―資料によるスケッチ―  荒川有史
 ○ 集団の自己紹介  鈴木 勝
 ○ 研究集会日程
 ○ 集会に期待する
 ○ うれしいたより/仲間のたより/ハガキから
 ○ 「文学と教育」主要目次   
(奥付なし)
HOME機関誌「文学と教育」初期機関誌から次号